FC2ブログ

三角のバルサ

こんにちは。翼班操舵担当兼パイロットのしょーです。

翼班は夏休みに色々試作をしているのですが、僕は後縁材の試作を担当しました。

去年の機体で見られた後縁材の問題点はむちゃくちゃ曲がってしまうこと。後縁材のせいで翼型変わってね?と。
理由として考えられたのがバルサが湿気を吸ってしまったこと、スカーフ継ぎの部分で曲がっていたこと。

そこで、大工大さんのマネをしてスタイロを1mmバルサでサンドしよう!と挑戦してみました。湿気もあまり吸わないだろうし、スカーフ継ぎもしなくて良い、作業スピードも上がるかも!?と思った訳です。

で、使った治具がこれ。

2018091619063876e.jpg


…まぁ試作なので手作り感満載なのは許して下さい。(うまく行けば駆動班に金属で作ってもらうつもりだったし)

出来た後縁材の断面。

20180916193900c04.jpg


まぁ思ったより時間はかかったけど、形はうまくできたし、何よりいっぺんに一翼分作れるしこれはいけるんじゃないか?

と、思って重量測定。

…バルサ三角材より25%も重い。接着剤って重いんですね。

これ機体で使ったら全体で約500g増。僕の必要出力が上がってしまう…

しかも心配してた剛性が想像以上に無い。

20180916193842a5a.jpg


右が従来のバルサ三角材。左が今回作ったスタイロバルササンド。ヒドい。ツラい。カナシイ。

結果、時間かかる、重い、剛性無い、と、ほとんど良いこと無しでした。

こうして試作は失敗に終わり、アルバの歴史から葬り去られたのでした…



…で終わるほど諦めは悪くない

やはりパイロットとして、必要出力は低い方が嬉しい。なんとか軽くてキレイな翼を作りたい!

ということで考えたのがスカーフ継ぎのやり方を少し変えて、治具を作ること。
今までのスカーフ継ぎは断面が平面では無くて、時間がかかり、精度が出てるか微妙でした。断面を平面にすれば、治具を使って簡単にできるはず。

完成予想図
20180916193915504.jpg


ただ治具自体はヤスリで削れないように金属で作るしかない。
ということで加工は駆動班にお任せしました。
頼めばやってくれる、ホント優しい駆動班長。

今駆動班が作ってくれているので完成したらまた報告します。

しょー(-_-)☆彡
2018-09-16(Sun)
 

プランク立体切り出し試作☆彡

プランクの立体切り出しに挑戦しました。
結果がこちら

IMG_0686.jpg

・・・

笹田明伸です♪


分厚いスタイロがなかったのでスタイロをボンドやスチノリでくっつけたのですが、
乾きかけでねちゃねちゃしていて、そこで電熱線が引っかかったっぽいです。

後、型にアクリル板を使ったんですが溶けちゃいます。

大工大の真似して、インコネル線を使ったんですが、どうしてニクロム線じゃダメなのかは謎です。

ちなみに小さい区間でもやってみたんですがそれは割とうまく行きました。
558619774503703.jpg

このとき使ったスタイロも、もともとなんかの接着剤でくっつけてあったんですけどほとんど引っかかりませんでした。
乾けばいけるのか、それとも接着剤がいいのか。

あと、接着剤はスプノリでもいけそうなのでスプノリ使っていこうと思います。

see you again


2018-09-15(Sat)
 

課外活動1日目☆彡

今日、塾長補佐みたいな人からこう言われました。
新しい子、笹田くんにつけようと思うんだけど、男の子やったら大丈夫やね?

え?どういう意味?


笹田明伸です♪


今日は、レーザカッターの調整をしました。(リブマスター用)
装置の端は、精度が出ないということで、
図面を半分にしてそれぞれ装置の真ん中で切りました。
(出力35速度18)
またその際、レーザーの厚みを考慮して図面をオフセットで0.2mm大きくしました。
(桁穴だけなぜかやらずにガバガバ)
また、アセンブリ時に必要な線は、低出力で速度を上げることで切らずに跡だけつけることができました。
(出力20速度70)
紙に印刷した図面に合わせてマスターをクリアテープで固定し、つなぎめをクリアテープで固定してつなぎました。

出来栄えがこちら(下に図面あってそれに合わせてます)
IMG_0028.jpg
IMG_0596.jpg
IMG_0597.jpg
IMG_0598.jpg

IMG_0599.jpg

いんじゃない?

リブはこんな感じ(裏に図面通りきった紙があります)
IMG_0606.jpg
IMG_0607 (1)
IMG_0608 (1)
IMG_0629 (1)

マスターほどの精度が出ないのはどうして。
スプのりでマスターをスタイロにくっつけたけど、弱くてずれた?
次は両面試そう。



リブ切った後もいい感じ(下に図面あって、それに合わせてます)

IMG_0602.jpg
IMG_0603.jpg
IMG_0604.jpg
IMG_0605.jpg

ちなみに、今日は1年生の江口くんもてつだいにきてくれました。
『オフセット難しかったです』by江口



see you again





2018-09-10(Mon)
 

やればやるほど☆彡

翼の勉強のために、ベクトル解析の本と複素解析の本を読み終えました。
次はフーリエ解析の本を読もうと思います。



笹田明伸です♪

こんばんは

さて、今年は後援材、プランク、アセンブリの方法、そしてリブ作りの方法を変えようとしています。
うまくいくかはわかりませんが、とりあえずやってみようという感じです。

アセンブリは、罫書きをしっかりするパターンと2点固定の2パターンやりました。

罫書きしっかりするパターン
IMG_0561 (2)

しょっぱすぎる。
印ががしょぼいのか、罫書きがしょぼいのか、、、
まだ、諦めない。

2点固定

IMG_0014.jpg

IMG_0562.jpg

いい感じに見えるけどなんか変。逆からみると、、、



IMG_0564.jpg
角度違う!!


笹田明伸です♪
両端固定してからやったらうまくいくのか?
ポジティブに捉えればねじり下げまでできるのでは?

リブのマスターをレーザーカッターで作ろうとしています。
IMG_0555.jpg

出来栄えがこちら
IMG_0018.jpg
IMG_0020.jpg
IMG_0019.jpg

聞くところによると、装置の端は精度出にくいらしいです。
「図面半分にして、半分づつ装置の中心付近で作って紡いでみよう。そして、桁穴から先に開けよう」
と思いました。
see you again



2018-09-09(Sun)
 

現状のご報告

代表の村川です。
18年度機体のTF(性能評価試験)を行う予定でしたが、台風21号および飛行場の予約の都合、桁を使い回す関係上18年度機体での秋TFを断念することとなりました。
これにて18年度機体は終了となり、19年度機体の制作が開始されます。

今後とも応援よろしくお願い致します。

2018-09-02(Sun)
 
プロフィール

albatross

Author:albatross
鳥人間コンテスト出場を目指す、大阪大学のチーム。
前衛的な機体を日々作り出す。
現在は、無尾翼人力飛行機を製作中。

公式HPもよろしく!
リンクは下の方^^↓↓

twitter
月別アーカイブ
検索フォーム
アクセス数
目指せ100万ヒット
QRコード
QR