スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

ぷろぺらはんのおしごと

こにゃにゃちは~!
べるべろすと申すものです。
もし、新入生の方で見てくれていると光栄です!
僕たちがどのような活動をしているかブログでも随時更新いたしますし、それで興味を持って頂けたら是非とも僕らの部室に見学に来てみてください!
お待ちしております。

本日は前回に続きましてペラをどう作っているか写真と共に紹介します!
今のペラはこんな感じです
s_DX6mC4mVMAEoOD9.jpg
先日投稿した写真はこちらになります
s_DXq2MlUWkAEQS2z (1)
前回の状態のペラに前縁材(バルサという木材のブロック)を詰めてやすって前縁部を再現していきます。
このとき感覚でやすってしまうと再現性が悪くなってしまいます。
そのためアクリル板でマスターというものをつくっております。
マスターというのは、設計での寸法通りになるようにレーザーカッターで切り出したものです。
それをやすったバルサ材にあてがいながら、やすりが足りない部分を把握し調整を施したら前縁の完成となります。

この後は外皮を貼っていきます!
それでは皆様またお会いしましょう!
スポンサーサイト
2018-03-10(Sat)
 

プロペラ完成間近!!

おはよー!こんにちはー!こんばんはー!おやすみ!起きてぇぇぇぇぇ!
どうも、はじめまして。福井(ベル)です。

本日はプロペラの様子とチームの雰囲気をお伝えできればなと思います。
我々アルバトロスは3月中に試験飛行を実施するので、チームのみんな気合が入っています!
ペラ班も同じく少し作業が残っており忙しい状態となっております。

現在の進捗はこんな感じです!
s_DXq2MlUWkAEQS2z (1)


今後は、前縁部の充填材を作製し、外皮を貼り、ガラスクロスを巻いていく感じになります。
また完成したときにブログ書かせていただきますわよ!

余談ですが、お嬢様系キャラってなんかいいですよね
それではまた今度!またねー
2018-03-07(Wed)
 

レーザー加工

こんにちは。
福井ベルです。
今日は今年の機体から導入されたレーザー加工について少し紹介します。
レーザーといえば中二病の僕の心をくすぐります。
皆さんもなんとなくかっこいいイメージがあるのではないでしょうか。
さて早速ですが、これがレーザー加工機です
DSCF8158.jpg
カッコイイですよね!
機械いじりが好きなアニメのキャラならよだれを流していると思います。
中二風に言えばパンドラの箱でしょうか。
希望の代わりに加工されたアクリル板がでてきます。
そして、PCで図面をよみとり、アクリル板をセットし、加工開始です。
DSCF8172.jpg
今回はこのパーツを作りました。
手作業なら、2時間以上はかかりそうですが、こいつなら10分もかかりません。
そして、くみたてたらこんな感じになりました。
DSCF8179.jpg
次はアセンブリです。
また完成したらブログにのせますね。
つぎは、後輩に書かせますのでお楽しみに。
2017-01-21(Sat)
 

ラスト回転試験

こんにちは!
最近少女マンガにハマっているペラ班の福井(♂)です。
昨日、TF前の最後の回転試験を行いました。
試験は良好で、TFに問題はなさそうです。

僕たちは残念ながら鳥人間コンテストに出場できなくなったので、3、4本目のペラを少し作り方を変え、次の世代の育成もかねて、より表面が綺麗になるよう工夫してます。
バルサをあらかじめつなぎ目が目立たないように、スカーフつなぎとよばれる方法でつなぎ、ねじれの少ない部分に貼り付けてました。
ねじれの大きい部分ではバルサを水に浸し、ペラにまち針で止め、しならせてから貼り付けました。
s_s_DSCF0526.jpg

手間は増えるのですが、表面はいい感じ。
現在のペラはご覧の通りサーフェイサーで仕上げており、あとは調整を加えて塗装を残すのみとなっています。
s_回転試験後

TFは8/22に行うことになっており、残り時間が減ってきました…
ペラ班としてはできることはやってきたので、後はパイロットに託すのみ!
いつもより熱い中でのTFですが、いい結果がだせるよう、僕ができるベストを尽くします。
TF後のブログをご期待ください!
2016-08-13(Sat)
 

テスト期間!!

こんばトロス‼(むしゃくしゃして言った、後悔はしている。)

お久しぶりです。プロペラ班班長の松本です。
アルバトロスは今日からほとんど()の班がテスト休みに入りました。
最近活動の報告ができなかったのでこの機に報告しようかなと思います。

最近のアルバの活動としては
・来年度の製作の計画、設計準備(主に2回生)
・作業指導、引継ぎ(3回生、1回生)
・8月TFに向けた準備(主にかみのとか各班長とか)
が行われています。(写真撮り忘れた…)

そして!我がプロペラ班は!!なんと!!!
s_IMG_qxmrj0.jpg

まだ作業が終わってません!!!!

というのも今年の鳥コンに出場できないと分かった時に(この時点で8月TFは決まってない)

ぼく(´-`).。oO(どうせ作るなら後輩主体にして来年のために色々試しつつ技術力を向上してもらおう)

~1回生が入ってから色々教えつつ製作方法も変えながらのんびりと3本目を作っていく~

全体会議「8月TFやろう!!」

ぼく(´-`).。oO(やべえ、4本目間にあわせないと)

となりまして今必死に作業しているわけであります。まさに自業自得。
まあベルの参入で作業人員が増えたりしっかり後輩が成長してくれているので無事にテスト休みが取れそうです。ありがとう皆。

3本目、4本目はスカーフつなぎと呼ばれる方法を採用してます。
いままで2mmのリブの上にバルサの端を1mmずつ乗せることでバルサをつないでいたのですが

s_IMAG1753.jpg
↑こんなかんじ

翼弦長が長く、渦法というララビーに比べてねじれが強くなってしまう(間違っていたらすいません)設計法を採用してきたアルバにとって細かく張ることはねじれの変化には対応しやすかったのですがどうしても綺麗に1mmずつ乗せることができず、へこみができたり段差ができていました。
今回スカーフつなぎを用いることで多少なりとも改善されたかなあと思ってます。

s_DSC_0761.jpg
うつくしい・・・

そんなこんなで試行錯誤の末に作られた3,4本目のプロペラはアルバ史上一番きれいなプロペラだと勝手に思ってます。
今までの歴代の先輩方があれこれ試してくださったことによって、今のアルバの環境でどのように作ることが適しているのか考えることができました。本当にありがとうございます。

DSC_1845.jpg
歴代のプロペラ(左からモノコック、バルサ、カーボンリブ、スタイロ充填)

あとは8月のラストTFで笠岡の端っこの景色をたうりんにみせてやれたら最高ですね。
その前に来週の鳥コン。出場されるチームの方々がんばってください。僕はどうやら2日とも行くみたいなので見かけたらかまってやってください。喜びます。

なんだか最期の更新のような文章になってしまいましたがどうやら夏休み以降も僕は活動にくるらしい(後輩の来年のペラ班活動予定より)ので引退はまだまだ先のようです。



最終回じゃないぞよ。もうちっとだけ続くのじゃ。


2016-07-23(Sat)
 
プロフィール

albatross

Author:albatross
鳥人間コンテスト出場を目指す、大阪大学のチーム。
前衛的な機体を日々作り出す。
現在は、無尾翼人力飛行機を製作中。

公式HPもよろしく!
リンクは下の方^^↓↓

twitter
月別アーカイブ
検索フォーム
アクセス数
目指せ100万ヒット
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。