レーザー加工

こんにちは。
福井ベルです。
今日は今年の機体から導入されたレーザー加工について少し紹介します。
レーザーといえば中二病の僕の心をくすぐります。
皆さんもなんとなくかっこいいイメージがあるのではないでしょうか。
さて早速ですが、これがレーザー加工機です
DSCF8158.jpg
カッコイイですよね!
機械いじりが好きなアニメのキャラならよだれを流していると思います。
中二風に言えばパンドラの箱でしょうか。
希望の代わりに加工されたアクリル板がでてきます。
そして、PCで図面をよみとり、アクリル板をセットし、加工開始です。
DSCF8172.jpg
今回はこのパーツを作りました。
手作業なら、2時間以上はかかりそうですが、こいつなら10分もかかりません。
そして、くみたてたらこんな感じになりました。
DSCF8179.jpg
次はアセンブリです。
また完成したらブログにのせますね。
つぎは、後輩に書かせますのでお楽しみに。
2017-01-21(Sat)
 

ラスト回転試験

こんにちは!
最近少女マンガにハマっているペラ班の福井(♂)です。
昨日、TF前の最後の回転試験を行いました。
試験は良好で、TFに問題はなさそうです。

僕たちは残念ながら鳥人間コンテストに出場できなくなったので、3、4本目のペラを少し作り方を変え、次の世代の育成もかねて、より表面が綺麗になるよう工夫してます。
バルサをあらかじめつなぎ目が目立たないように、スカーフつなぎとよばれる方法でつなぎ、ねじれの少ない部分に貼り付けてました。
ねじれの大きい部分ではバルサを水に浸し、ペラにまち針で止め、しならせてから貼り付けました。
s_s_DSCF0526.jpg

手間は増えるのですが、表面はいい感じ。
現在のペラはご覧の通りサーフェイサーで仕上げており、あとは調整を加えて塗装を残すのみとなっています。
s_回転試験後

TFは8/22に行うことになっており、残り時間が減ってきました…
ペラ班としてはできることはやってきたので、後はパイロットに託すのみ!
いつもより熱い中でのTFですが、いい結果がだせるよう、僕ができるベストを尽くします。
TF後のブログをご期待ください!
2016-08-13(Sat)
 

テスト期間!!

こんばトロス‼(むしゃくしゃして言った、後悔はしている。)

お久しぶりです。プロペラ班班長の松本です。
アルバトロスは今日からほとんど()の班がテスト休みに入りました。
最近活動の報告ができなかったのでこの機に報告しようかなと思います。

最近のアルバの活動としては
・来年度の製作の計画、設計準備(主に2回生)
・作業指導、引継ぎ(3回生、1回生)
・8月TFに向けた準備(主にかみのとか各班長とか)
が行われています。(写真撮り忘れた…)

そして!我がプロペラ班は!!なんと!!!
s_IMG_qxmrj0.jpg

まだ作業が終わってません!!!!

というのも今年の鳥コンに出場できないと分かった時に(この時点で8月TFは決まってない)

ぼく(´-`).。oO(どうせ作るなら後輩主体にして来年のために色々試しつつ技術力を向上してもらおう)

~1回生が入ってから色々教えつつ製作方法も変えながらのんびりと3本目を作っていく~

全体会議「8月TFやろう!!」

ぼく(´-`).。oO(やべえ、4本目間にあわせないと)

となりまして今必死に作業しているわけであります。まさに自業自得。
まあベルの参入で作業人員が増えたりしっかり後輩が成長してくれているので無事にテスト休みが取れそうです。ありがとう皆。

3本目、4本目はスカーフつなぎと呼ばれる方法を採用してます。
いままで2mmのリブの上にバルサの端を1mmずつ乗せることでバルサをつないでいたのですが

s_IMAG1753.jpg
↑こんなかんじ

翼弦長が長く、渦法というララビーに比べてねじれが強くなってしまう(間違っていたらすいません)設計法を採用してきたアルバにとって細かく張ることはねじれの変化には対応しやすかったのですがどうしても綺麗に1mmずつ乗せることができず、へこみができたり段差ができていました。
今回スカーフつなぎを用いることで多少なりとも改善されたかなあと思ってます。

s_DSC_0761.jpg
うつくしい・・・

そんなこんなで試行錯誤の末に作られた3,4本目のプロペラはアルバ史上一番きれいなプロペラだと勝手に思ってます。
今までの歴代の先輩方があれこれ試してくださったことによって、今のアルバの環境でどのように作ることが適しているのか考えることができました。本当にありがとうございます。

DSC_1845.jpg
歴代のプロペラ(左からモノコック、バルサ、カーボンリブ、スタイロ充填)

あとは8月のラストTFで笠岡の端っこの景色をたうりんにみせてやれたら最高ですね。
その前に来週の鳥コン。出場されるチームの方々がんばってください。僕はどうやら2日とも行くみたいなので見かけたらかまってやってください。喜びます。

なんだか最期の更新のような文章になってしまいましたがどうやら夏休み以降も僕は活動にくるらしい(後輩の来年のペラ班活動予定より)ので引退はまだまだ先のようです。



最終回じゃないぞよ。もうちっとだけ続くのじゃ。


2016-07-23(Sat)
 

TF(主にプロペラ)

夜分遅くにこんばんわ、プロペラ班の松本です。
数か月ぶりの更新です。「暁月」が製作開始されたころには毎週2回更新を掲げていたのにこのザマです。すみません...。

というのも基本的にブログの更新は僕が管理していたのですが
・プロペラ2本目の製作とテスト期間が丸被りしてふらふらになる。
・TFでいろいろあってメンタルがやられる。
バイトの闇に飲まれる。(卒業シーズンで人が大量に辞める) etc..
.によって完全にそれどころではなくなっていたためです。(本当にすみません...)

最近は更新回数自体は増えているものの新歓がメインだったのでそろそろ通常の報告もしようかなと思います。

ということで先週TFに笠岡に行ってきました。
前回と今回のTFの目的は重心位置を特定し、0桁の取り付け位置を確定することが目的だったため危険と判断し1回生は連れていってません。1回生には最初ぐらいバシッと空飛ぶとこ見てもらいたいですしね。


・・・で、先ほど書いた”いろいろ”あったなのですが
s_DSC_0270.jpg
ぐへえ

・・・はい、プロペラが折れました
1ブレード1550mmに対し、クラッシャブルゾーンを100mmほど設けてましたが巻き込まれました。

いつか上がる(のかな・・・)動画を見てもらえればわかるのですが重心が思ってた以上に後ろにあったようでそれを解決するように0桁の取り付け位置を変更して臨んだ3rdTF・・・
s_DSC_0516.jpg
やめて!ペラ班長のライフはもうゼロよ!(つらくてペラ側の写真は撮れなかった)

折れました()
ただ今回は重心位置の問題というより機速が足りてない状態で迎角を上げたことが問題のようです。
これもいつかきっと上がる動画を見てもらえればいいかと思います。

今回は2本とも折れたもののクラッシャブルが仕事を果たしてくれたのが唯一の救いです。
今年は去年に比べてテールを延長したのですがここまで折れやすいとは・・・。
次からは予備のクラッシャブルも用意してみようかなと思います()

かみの曰く「重心はほぼ合った。」そうなのでこれ以上折れないことを願う・・・。

そんなこんなで次のTFは来週の28日に予定してます。
そろそろバシッと飛んで田浦にブログを書かせたいところです。

がんばろー(-_-)/


おまけ
図1
待機中に撮ったプッシャーからの視点(かっちょいい)
プロペラが青いのは修復に時間を思ったより時間をとられてサーフェイサー等の表面処理が不十分だったからです・・・頑張ります・・・

s_IMG_20160512_203901.jpg
現在はベルの参入によりプロペラ班は三人体制になったため1人がパテで完成したペラの表面処理を行いながら2人で新しいペラの製作を行ってます。数の力ってスゴイ。

そういえば今年はブランコによるプロペラの影響が少しでもマシになればと翼型をDAE51からMH115ベースのオリジナルの翼型を採用してます。この変更がどう影響を与えたのかもこれからの飛行試験でわかるのではと楽しみにしてます。
そのあたりもブログに書くって言っておきながら書いてないな・・・。

ではではー
2016-05-18(Wed)
 

プロ☆ペラ

やあみんな!
福井です。
今日も新入生が来てくれて、プロペラのリブを作ってくれました。
s_DSCF0242.jpg
良い手際でヤスリをかけています。
僕より良い手際なのでは?

ところでですが、今プロペラのデザイン案を出し合っています。
来年のアルバのペラはコイツだぁ!
s_DSCF0244.jpg

んんwww
前衛作家かよwww
ということで、おそらく没になりますね

ではここらで失礼します。
2016-04-23(Sat)
 
プロフィール

albatross

Author:albatross
鳥人間コンテスト出場を目指す、大阪大学のチーム。
前衛的な機体を日々作り出す。
現在は、無尾翼人力飛行機を製作中。

公式HPもよろしく!
リンクは下の方^^↓↓

twitter
月別アーカイブ
検索フォーム
アクセス数
目指せ100万ヒット
QRコード
QR