大掃除

今日は部室の大掃除をしました。





今年度制作したノセレナMk-2は部室に置かれているので、

機体を制作するにしても、新入生を勧誘するにしてもスペースが足りていないっっ

ということであまり必要の無さそうなものを廃棄することに。



CA3A0669


人力機の試作コクピットを分解する様子



CA3A0672


残しておいたノセレナのZEROも分解



他にも、ガラス用の炉、試作I桁、赤桁などを分解、廃棄しました。



少しは部室が広くなったような気がします。





以上、新しく火曜の担当になりました、フチからの報告でした。


2009-03-31(Tue)
 

活動再開

お待たせしました!!



春休みも終了し、本日から活動を再開したアルバトロスです。



長期休暇も終わりサーオリや銀杏祭というイベントも間近に迫ってきました。



その打ち合わせやこれから1年の予定や目標を議論するべく今日は大総会を行いました。



大まかな議題は



・今年度の目標、運営、予定(設計・製作・書類等)

・サーオリについて

・銀杏祭について



そして世代交代も決行



部長   安部 達

会計   田畑 雄壮

書類関連 林 佳範



この3人をリーダーに今年度も頑張っていきたいと思いますので、



変わらぬ応援のほどよろしくお願い致します。





写真は24~25日に行ったアルバ初の追いコンです。



小野寺先輩はじめ卒業生の先輩方、おめでとうござました。



そして今までありがとうござました。



IMG_6601





















IMG_6621





















オマケ(今日)

IMG_6734





















多くの新1回生に興味をもってもらえるようなサーオリにしたいですね。



何気に2009年初の食パンからの報告でした。
2009-03-30(Mon)
 

春休み

TF前後で余裕がなく、しばらくブログの更新がおろそかになってしまって申し訳ありません。





一通りTFを済ませ、交流会等の準備も分担したところで、アルバは春休みに入りました。



というわけで、ガレージでの作業は、現在はありません。

首都大での交流会に参加後、30日より活動を再開予定です。





----新入生の方へ----



以下のalbatrossのホームページに活動の写真や過去の出場した機体等が載っていますので、まだご覧になっていない方は是非ご覧ください。

また、質問や見学の要望等があれば、これまたホームページに連絡先を載せておりますので、是非連絡してください。



http://albatross.dip.jp/albatross/





IMG_5795
2009-03-17(Tue)
 

飛行場TF動画





飛行場なので飛行距離が長くて動画では分かりにくいかも,,,
2009-03-10(Tue)
 

飛行場TF

2回の大学グランドTFをへて,

ようやくかねてより計画していた飛行場でのテストフライトを実施した.



ノセレナボックストラック

















去年と同様.今年も飛行機はセレナに乗せて運びます.

飛行機の名称も Noserena MarkⅡ だし.

今回は初飛行場なので念のためトラックも借りた.





IMG_5743IMG_5773

















今回は初めての飛行場だったので安全を考えてちょっと荷物は多めに.

トラックへの積み込みは3時間かかってしまいました.



IMG_5795





出発前の集合写真.

移動開始!!









高速道路でのノセレナボックス

ノセレナボックスは

高速道路ではこんな感じでまるで違和感なし(笑



今回は単管を匠に使用して,ボンネットから角を生やして,

剛性を上げたので安心感抜群.











IMG_5824IMG_5848















飛行場に到着.

早速,飛行機の組み立てを開始.



積み込みは3時間かかったが,到着後は2時間で積み下ろしと組み立てまで完了した.







そして,今回もグランドと同じく倍速滑車で人力曳航.





IMG_5868IMG_5907IMG_5924



















IMG_5934IMG_5936





















やはりグランドに比べて距離が取れるので,

高い高度まで上げることが出来た.



1,2メートルくらいまでフレア姿勢で上げる.

2,水平飛行に遷る.

3,曳航ロープリリース

4,加速降下

5,地面すれすれで水平飛行

6,フレア&着陸



を繰り返し練習.





以下は,パイロットの飛行メモ



・翼端版の垂直安定版としての効果

進行方向右から3m/sくらい風があった.

飛行機は離陸と同時に右にヨーイングを開始.

ロールはあんまりしていないように感じたが,旋回も開始.

結局滑走路右側の草むらに着陸.というのが数回あった.

垂直安定版としてはよく働いているようだ.



・後退角&ねじり下げ

ピッチ安定はすごくよかった.

加速や減速・フレアなども思った通りに操作できた.



・後退角の上反角効果

ダッチロールは感じなかった.

どちらかといわれればスパイラル.

何らかの原因でロールが始まるとどんどんロールする感じがあった.

旋回が止まらなかった.

後退角10度では上半角効果が十分ではないのかも知れない.



・機体のT曲げ強さ

何度かの飛行をしてハードランディングを繰り返しているうちに

飛行機が後退角方向にゆがんできた.

初めは主桁・副桁間のクロスワイヤーが緩んだのかと考えたが,

フィルムを開いてチェックしたところそこまで緩んでいなかった.

TF終了後発覚したが,副桁とリブボックスとの接合は外れていた.

つまりトランスポートブレークと副桁の位置関係が変化できる状態になっていた.

これが原因で後退角が左右で違ってしまったようで,

TFの途中からどうしても左にロールし続けた.



・翼端版のラダー効果

結論から言うと効いた.

ラダーは翼端版の50%位置らかが可動する仕組みだ.

全開に操舵すると,操舵した方のラダーだけ30度外に開く.

反対のラダーは動かない.ドラッグラダーシステムである.

フライト前は,10mという長い半スパンから

少し操舵すればかなり効くと予想していたが,

実際には全開に操舵してやっと効く.

全開操舵し続けて3秒後にゆっくりと飛行機の進行方向が変化し始める.

やはりラダー旋回なので操舵から旋回までのタイムラグが大きい.

しかし,ラダーとしては成功したと思える.

今後はサイズを少し大きくして,操舵範囲を増やす必要があると思う.



・着陸装置(メインギア)

メインギアはかなり優秀だった.

多くのハードランディングに耐えた.

現在使っているタイヤはアルミホイールで軽量,充填ゴムで高剛性.

飛行機にもってこいだ.

しかし,最後のフライトでかなり凸凹の泥の中に突っ込んでしまい,

アームが折れた.あれだけの着陸なら仕方ない気がするが,

そんなことも言ってられないので強度を上げる必要がある.



・着陸装置(ノーズ&テールスキッド)

前後とも高さ位置は完璧.

離陸着陸ともに安全だ.地面付近でフレアしすぎると,

後のソリが先に地面に接し,姿勢を直してからメインギアが接地する.

テールスキッドは機体を離陸に適した角度に維持してくれる.

テールスキッドを少し浮かすと離陸できる.

しかし,フライトを重ねると削れてテールスキッドの内部の金属部分が

露出.地面に鋭角に刺さり,加速時に大きな抵抗となった.

スキッドの下面をもっと滑りやすいようにする必要がある.
2009-03-09(Mon)
 
プロフィール

albatross

Author:albatross
鳥人間コンテスト出場を目指す、大阪大学のチーム。
前衛的な機体を日々作り出す。
現在は、無尾翼人力飛行機を製作中。

公式HPもよろしく!
リンクは下の方^^↓↓

twitter
月別アーカイブ
検索フォーム
アクセス数
目指せ100万ヒット
QRコード
QR