Mooris滑走試験追記

2月27日のグランド滑走試験での写真です。





<翼を遠く離れた吹田グランドまで歩いて輸送してる様子>

aCA391497  aCA391498






<機体を組んでるところ>

aCA391503  aCA391524


後縁がなかなかきれいに揃っていて感動です。3翼テーパー&翼端板の組み合わせもなかなか。

前縁に使っているカーボンが紫外線によって劣化するのを防ぐ目的で貼ってある

銀色のオラカバですが思わぬデザイン性アップに貢献してるよう。





<中央部>

aCA391519  aCA391509


前回の荷重試験でウェブにしわがよったZEROは、

オーバーレイアップによってGFRP(=ガラス繊維強化プラスチック)の

3枚積層から6枚積層に強化されました。

そういえば(!)アルバの機体は無尾翼機なので胴体はこれだけです。





滑走試験では今までになくスムーズにジャンプしてくれました。



この秋から冬にかけて、1翼と2翼のD型ボックス桁を

ガラス繊維強化プラスチックから

カーボン繊維ものに変えて、

桁の強度を大幅にあげたためか、飛行中に翼がぐらぐらと

たわむこともなく堅い飛行ができたと思います。



機体の大幅な軽量化も一役買ってるよう。





この日は合計8本の試験を行いました。



8本目のフライトで機体をフレアさせたとき、

主翼中央部に発生した負圧で

ZEROと1翼の一部のミレファンが破れてしまったので、

ここの部分は要変更です。



あと滑走試験とは別に

鳥コンの大会プラットフォームを意識して

投げ出しの練習もしました。



3人+パイロットが機体を持ち、

10mぐらいの短距離でどのくらい加速できるかをみました。

以前の機体を4人で持つと、歩くのが精いっぱいでしたが

今回はかなり全力で走れる気がします。







おまけ



aCA391527  aCA391528




部室の前にある白テントを改造しました。

トレーラーに翼を乗せて優雅にTFに行く日も近いようです。




2010-02-28(Sun)
 

Mooris初グラウンドテストフライト

どうも。ただ今療養中の安部に代わって代表代理をしている林です。



今日はMoorisの初のグラウンドテストフライトの大イベント。



コックピットはギリギリまで作業することになりましたが、なんとか形になりました。



雨の心配もありましたが、早くにやんでくれたため、グラウンドはいい感じに湿って良好。



天候に関しては、気温は低めで、風は1~2m/sの向かい風でした。



IMG_4800




実際に機体を組んでみると、カーボンの紫外線対策に貼ったオラカバが意外とカッコよくテンションも上がり気味。



今回はカウル・操舵なしで、簡単なジャンプ程度を見る目的でした。



曳航のフックもいつもより高めにつけフレア状態になりやすいよう調整。





結果を簡単にまとめると



1、前回と比べ簡単に浮かび上がり、曳航距離が短くなった。



2、途中から機体の主翼がたわみ始めた。翼自体はたわんで無いようなので、おそらくTB金具のせいでしょう。予備をかなり用意する必要があるかもしれません。





この結果を踏まえ、次回の3/5のグラウンドテストフライトに活かしたいです。



次は操舵系はつきます。


2010-02-27(Sat)
 

コックピット

明日のMOORIS初テストフライトに向けて作業の大詰めです。



aCA391495




今回の“フラミンゴ”こと機体を曳航するとき

ロープをひっかける部分です。



位置が低すぎるとフレアしてしまい、

逆に高いと機体が持ち上がらない。

フラミンゴのくちばし部分が深すぎると、

飛行時に機体からロープが外れないし、

浅すぎると機体を十分加速させる前にロープが外れてしまう。

そんな繊細なパーツです。



今夜のコックピット班の夜は長い。。


2010-02-26(Fri)
 

荷重試験後・TF前の折り返し地点

TFまであと3日!



荷重試験で問題が見つかったZERO翼の2番目の木リブの

接着面積を増やす作業をしました。

aCA391471aCA391473aCA391472
エポキシ樹脂(クイック30)にタルクを混ぜて、

木リブとウェブの間に盛ってます。



aCA391476aCA391485
こっちはZEROのウェブの強化。

3枚積層だったガラス繊維強化プラスチックの表面をざりざりにやすり

上からさらに3枚積層してます。



aCA391469
日光による紫外線&温度上昇対策として、

カーボン繊維強化プラスチックの表面に、オラカバという銀シートを張ってる菖蒲谷君。



オラカバはシートの裏に、熱で温めると貼りつくのりが塗布されてるので、

オラカバを翼に沿わせた後、アイロンをかけていきます。





aCA391480
機体のTBに使うボルトを

必要な長さ毎に切るジグ。

なんでこんなに違う長さがあるんだよーとオーエンが嘆いてました。

すべては機体軽量化のため。



aCA391487
夜になっても作業は続きます。

今日も主翼カーボンのヘリをやする北川君。



最近はちょっと暖かくなって、夜作業も

それほど苦にもならなくなった~気がします。
2010-02-23(Tue)
 

2月22日 活動報告

どうもこんにちは。

月曜日担当のジャージこと吉原です。



先週の金曜日に早稲田大学で開催された鳥人間コンテストの学生交流会に参加しました。

そこで、いろんな大学の方とお話しさせてもらい、刺激を受けました。

来年の機体は人力にしようと思っているので、積極的に他チームに見学に行き、勉強させてもらおうと思っています。



さて、今日の活動報告です。



今アルバでは先週末に行った荷重試験の結果見つかった機体の欠陥の改良改善をしています。





まず、ZEROの強度向上のためにD型のプランクをガラス3枚積層から6枚積層に増やし、さらにD型の中に木リブを追加します。

今日はその準備段階として、現ZEROのプランクを#40のやすりでやすっていましたが、なかなか表面がざらざらにならなくて明日もやすることになりそうです。



IMG_0335IMG_0334



















そして、コクピットの改良も進められていました。

荷重試験の際に、パイロットの体重移動できる範囲が若干せまかったため、コクピットの後半部分に大幅な改良が新家さんと多田さんによって加えられていました。

もともと直線パイプで組まれていたフレームを木の曲がった部材を用いて改良し、パイロットの自由を広げています。



IMG_0330IMG_0333IMG_0346





















また、荷重試験には間に合わなかったオラカバによる翼のコーティングがなされています。

オラカバは、翼に前縁ラインをあらかじめけがき、それに合わせて翼の真ん中からはっていきます。カーボンのCプランクに手で押さえてしわが寄らないようにしながら、アイロンを当ててはっていきます。この時、一枚目にはったオラカバを基準に二枚目をはるので、慎重に精度よくはっていかなければなりません。

その結果、一枚はるのに結構時間がかかってしまいました。



IMG_0329IMG_0337IMG_0344



















一方で、黙々とカーボンCプランクの角をやすり続ける北川の姿がありました。地味な作業ですが、実はこれが終わらないと先へ進めなかったりするんですよね。明日はもっと大規模にやりましょう。



IMG_0325





















今日は、作業の後BBQをしました。

ちょっと嘘。

作業の一貫としてBBQをしました。

というのは、このBBQはフェアリングのためのBBQだからです。

午前中からフェアリング担当の元山はフェアリングの型をつくっていました。

この型はスタイロフォームで形を作ったものに石膏をぬってつくったものです。

ただ、多少石膏を盛りすぎてしまったため、元山は削ってますが。



IMG_0315IMG_0314IMG_0372

















フェアリングは木枠に1mの塩ビ版とアクリル板をはさみ、BBQの炭火で熱し、石膏の型に押し当てのばして作っています。

一回目はアクリル板が曇ることもなくきれいに形が出ました。透明感抜群ですね。ただ、のばしかたが足りなかったのか、少しトップあたりがまだ分厚いままでした。



IMG_0374IMG_0376IMG_0380



















そこで、次は思いっきり引きのばしてみることにしました。

まず、型の余分な幅を切り落とし、木枠が下まで通り抜けるようにして、同じ方法を試みました。

その結果、厚さはよくなったものの、最初のものより曇ったフェアリングが出来上がってしまいました。

一回目は2回に分けてのばしたのに対して、後のものは一度に引きのばしたので、それが要因かもしれませんね。



IMG_0401IMG_0405IMG_0383























以上、ジャージの活動報告でした。

後日、ミーティング開きます。

議題はTF、およびそれまでのスケジュールについてです。
2010-02-22(Mon)
 
プロフィール

albatross

Author:albatross
鳥人間コンテスト出場を目指す、大阪大学のチーム。
前衛的な機体を日々作り出す。
現在は、無尾翼人力飛行機を製作中。

公式HPもよろしく!
リンクは下の方^^↓↓

twitter
月別アーカイブ
検索フォーム
アクセス数
目指せ100万ヒット
QRコード
QR