ジャージこと吉原です。

まだまだ入部希望者、見学希望者を大募集中です!
新入生の皆さん、どうぞ気軽に見に来てくださいね!

また、桁班の作業状況は随時twitterで呟いているので、フォロー宜しくお願いします。

阪大albatross桁班
@alba_spar


さて、前回の更新からちょっと間が空いてしまったので、その間の作業内容について報告します。

前回の更新ではZEROのI桁まで作りました。

その続きで、ZEROのI桁、前桁にジッパー止めを貼りました。
ジッパー止めはt0.6の航空ベニヤです。


まずは、縦フランジ、TB台、フランジをやすり、面出しをしました。

その後接着剤を塗って、ジッパー止めをはり、重りをのせて硬化させました。

IMG_1689 - コピー

DSCF1690 - コピー

IMG_0525 - コピー

するとこんな感じになりましたね。

DSCF1692 - コピー

次に、出来上がったZEROのI桁のTBをマザーに第1翼のI桁のTBブラケットの取付を行います。

IMG_0534 - コピー

IMG_0531 - コピー

IMG_0553 - コピー

IMG_0547 - コピー

上反角と後退角が付いているので、固定治具はなかなか壮大なものになってます。
角度もきちんと測って設計値と一致するように調整します。

IMG_1727.jpg

そして、ここで以前紹介したドリルガイドを使ってTBの取付ボルト穴をあけます。
この時、桁がぶれないように数人がかりで桁をおさえます。

IMG_1745.jpg

穴をあけるとこんな感じですね。

IMG_0586.jpg

さて、ブラケットを付け終わったら、いよいよBOX化に入ります。
まずは、仕切り板のバルクヘッドを大まかなサイズで作り、並べてみました。

IMG_0612.jpg

IMG_0617.jpg

IMG_1762 - コピー

仮固定して立ててみるとこんな感じです。

IMG_1765 - コピー

IMG_1758.jpg

両端と真ん中のバルクヘッドだけ先に立ててそこに糸をはり、コードラインをトレースします。

IMG_0712 - コピー

IMG_0717 - コピー

IMG_0719 - コピー

IMG_0720 - コピー

IMG_0743 - コピー

IMG_1777.jpg

ところが、真ん中のバルクヘッドだけ肉抜きを忘れて立ててしまいました。
そこへやってきたOB二人がやすりで穴をあけてくれました。

IMG_1785.jpg

IMG_1789.jpg

後は、同じ要領で残りのバルクヘッドを立てていきます。

IMG_1791.jpg

その後、前桁を仮組みしてみて、バルクヘッドの高さをあわせます。
それが終わると前桁を接着してゴムを引いて合板と重りをのせて圧着します。

DSCF1796_20110429123636.jpg


IMG_0779.jpg

次に、側面(翼で言うと上下面)のウェブをはるために、その面の面出しをします。
予め大きめに作っておいたバルクヘッドを鉋で前後の桁の端に合うように削ります。

IMG_0784.jpg

そして、次にスティフナを入れ、瞬間接着剤で接着して、さらに面出しをします。

P4220049.jpg

それが終わると、同時並行で作っておいたウェブを接着します。
前桁接着時と同様にゴムを引いて、合板と重りをのせます。
この時、BOX自体が曲がらないようにBOXを2本の鉄パイプで挟み、クランプでおさえて曲がりを矯正しています。


P4230025.jpg

P4230112.jpg

P4230027.jpg

硬化後、重りを取り除けば、BOXの完成です。

P4240003.jpg

今後は、このBOXにニスを塗り、曲げ、捩じれの強度試験を行います。
2011-04-29(Fri)
 

はじめまして

はじめましてパイロットです。

新しい機体のピッチ方向の操舵方法がコックピットをブランコ化し、
体重移動で操作するので、一番近いと思われるハンググライダーの
講習を受けに行ってきました。

大阪大学のハング・パラグライダーサークルのP.F.C.の皆さんに
同行させてもらいました。
新入生でもない、他サークルの僕を温かく迎えてくれました。

IMG_0788.jpg

去年、鳥取砂丘でテストフライトをしていた時に見ていたハンググライダーに
自分が乗るとは、まったく思っていませんでした。

現地では、P.F.C.と鳥取大学のハングサークルの皆さんに補助してもらい、
練習しました。

IMG_0790.jpg

初めて飛ぶという感覚を味わえたので、とても楽しかったです。


砂丘で練習した後、先輩の山飛びの見学をしてきました。

IMG_0807.jpg

本当にきれいに飛んでいて、僕たちが目指しているものとは
少し違いますが、とてもよい刺激になりました。

これからも飛行機の操縦を出来るようになるように
ハンググライダーの練習を続けていきます。
2011-04-25(Mon)
 

プランク

はじめまして 
プランク班です

今年の機体は、前縁を発泡の三次元切り出しで作ります。
しかし三次元切り出しについて全く知識がないので、今は試作から始めています

買ってきた発泡
P4230001.jpg
サブロク板で厚さ300mmともなると、もはやただの壁です

まずは製作するサイズにカットするため、こないだ自作した電熱線カッターを使います
P4060003.jpg

汚れていた表面を、厚さ2mmで切り取りました
P4240004 (2)
やはり、切り始めは電熱線が熱を帯びているため、よく発泡が溶けてしまい、写真のように線が入ってしまいました

次回からは、ついに前縁の切り出しの入ります

また今ブログを見てくれている新入生へ
こんな大きな発泡を見ること、そうそうないと思います
もし少しでも興味あったら部室覘いてみて下さい
2011-04-24(Sun)
 

お久しぶりです。 ペラ班です。

こんにちは。ペラ班です。
このブログを見ている新入生の皆さま、部室は4限以降あいているので、ぜひ見学に来てくださいね。

 以下ペラ班の報告
まず、カーボン外皮の試作接合です。
DSCF1601.jpg

DSCF1603.jpg
思ったよりきれいに出来ました。しかし、接合したところに凸部が出来ているので、その部分は改善しないといけません。

 一方雌型の方ですが、前回のクレーターを埋めました。
IMG_1650_20110423145506.jpg

 これをやすります。
IMG_0489.jpg

やすってきれいにした後、ひと段落ついたら、反対側の積層をすることにしました。
まずゲルコートを塗ります。
P4220042.jpg
そのあとガラスクロス、マットを積層します。
P4230109.jpg

うまく外れるといいですね・・・
2011-04-23(Sat)
 

第2回見学会!-新入生の活躍

今日は、サーオリ以後2回目の見学会!
1回生が少しずつ入部をし始め、見学にも来てくれています!
今日は、新入部員が3人、見学に来てくれた新入生が3人いました!

新入生には、基本的には模型作りを一任しています。

まずは基本の翼型のマスター作り。
本日付で入部したノノムラくんです。
工作機械を使う際は上回生が見守って指導していますが、
最も落ち着いて作業しているメンバーで、某タディーを彷彿とさせます。

マスターカット

こちらでは、作ったマスターを使っての模型の切り出し。
最初はやっぱり難しい!翼が上手に切り出せずに苦戦していました。
でも残念ながら上回生が「新入生だから仕方ない」と飛行機を妥協することはないので、
作り直し決定です~。
青いヤツとお友達になった彼は、食パンさんが熱心に勧誘してました。

模型切り出し

続いてアメリカ帰りの地口。彼も1回生のはずだけど、期待のホープは三輪車製作担当です。
目指せ、未来の新家さん!

三輪車フレーム合わせ

最後に上回生はと言うと、ペラの雌型作りや桁のTB付け、三次元切り出しの試作準備を進めていました。

前桁TB開け

プランク準備


雌型やすり
2011-04-20(Wed)
 
プロフィール

albatross

Author:albatross
鳥人間コンテスト出場を目指す、大阪大学のチーム。
前衛的な機体を日々作り出す。
現在は、無尾翼人力飛行機を製作中。

公式HPもよろしく!
リンクは下の方^^↓↓

twitter
月別アーカイブ
検索フォーム
アクセス数
目指せ100万ヒット
QRコード
QR