再びペラ班

 こんばんは、ペラ班です。新入生の皆さま、まだまだ部員募集中です。
このブログ見てる人いたら連絡下さい。

前置きはこの辺にして…

ついにカーボン外皮を型から外しました。
バルサ1mmがサンドイッチされています。
110531_0229~02

110531_0230~03

前縁部は後の接合を考えてへこんでいます。
110531_0230~04

110531_0230~05

少しカーボンが沿っていなかったりして樹脂がたまっていたところが見られたので次はしっかり沿うよう気をつけます。

今週上面の積層予定です。
上面が完成したら上下面の接合に参ります。

カーボンモノコックの開発とともに、バルサプロペラの開発も行っています。
まず、1個目は前縁を切ったリブにバルサブロックをつけて翼型を出す作り方を試しています。

110531_0231~01

110531_0232~01

この状態から前縁にゲージを当てながら翼型を再現します。
2011-05-31(Tue)
 

 こんばんは、プロペラ班です。
報告します。
まず、雌型を耐水やすりできれいにやすりました。
CIMG0016.jpg

やすった後、前縁部にビニールテープを張り、厚さを増しました。
これは、後々の接合時にカーボンでオーバーレイアップするためです。
そのあと、ボンリースとPVAで理系処理を施しました
CIMG0083.jpg

そしてついにカーボンを積層しました。
IMG_1061.jpg

カーボン繊維の間にはバルサがサンドイッチされています。
カーボン繊維の積層後、ビールクロス、ブリーザーを引き、真空引きをしました。
IMG_1062.jpg

IMG_1090.jpg

結果は・・・
乞うご期待。
2011-05-28(Sat)
 

人力のパイロットトレーニング

ここ2週間のパイロットタイム計測の結果。

タイム計測

やはり古川が早い。
今日は、我々のタイム計測用コースの最速記録を更新した。
(7:37.76)
中山も、自分のロードに慣れてきたのか2回目からのタイムの伸びがよい。
古川を猛追する。
裏垣もクロスで奮闘、危うく中山に追いつきそうだ。
竹中は、、、、、  もうじきカーボンロードが届くから、それでドーピングだ!

それにしても初計測の日(5/14)はなぜか古川・中山ともに早い。
この日は2人ともカーボンロードを使用したのもあるかもしれないが、
天候や障害物等の条件がよかったのだろうか?

明日から1週間雨でタイム計測できないが、
その間のトレーニングでこの順位は変わるのか?!
乞うご期待。
2011-05-26(Thu)
 

桁剛性試験

こんにちは。
吉原です。
日があいてしまいましたが、桁の剛性強度試験について、報告します。
データをとるのにカメラを使ったので、写真は少ないです。


5月7日に第1回BOX桁の曲げ剛性・強度試験を行いました。
桁に想定曲げ荷重をかけます。
かけるモーメントは最大148kgfm。
この値は1.5Gかけた場合の1翼端にかかる曲げモーメント値です。

当日は風の影響で剛性試験の測定値がかなりぶれてしまいましたが
傾向を読み取ることはできました。

結果からいうと、
この桁の曲げ剛性は十分にあり、安全側に見ても設計値を下回ることはありませんでした。
しかし、最大荷重の148kgfmかけた時にクリープが始まりました。
なので、そこで測定を中止し試験を終了しました。

試験の後クリープの原因を追究しましたが、
結合部、TBまわりの塑性変形はありませんでした。
そこで、カーボンフランジが伸びたという仮説のもと、もう一度試験することにしました。


5月14日に第2回BOX桁の曲げ剛性・強度試験を行いました。
方法は前回とまったく同じですが、
時間短縮のためたわみ角測定範囲を狭めて試験を行いました。

前回と同じように実験を行ったのですが、
最大モーメントの148kgfmかけてみてもクリープは見られませんでした。
また、たわみ角から計算すると、
ほぼ設計値どおりの剛性であることもわかりました。


DSCF2357.jpg

DSCF2354.jpg

P5140493.jpg


この2回の試験を通しての考察は、以下の通りです。


・カーボンが伸びることの影響で桁剛性は若干変化する。

・剛性の収束値は設計値と一致しており、それを下回ることはない。

・強度的に、結合部、TBまわりの強度は十分であり、想定荷重内では破壊することはないと思われる。

・BOX桁のI桁部分の大幅な設計変更は必要ない。




まあ、なんにしても、壊れなくてよかった。
2011-05-21(Sat)
 

ブランコ

はじめまして、ブランコ式コックピットの担当に就任しました新入生Mです。

「よろしくね!」
IMAG1162.jpg





なんと、(無駄に)関節部が可動するのだ!!





さて、先日から10分の一スケールのブランコ式コックピットの模型を制作してました。

IMAG1159.jpg
IMAG1161.jpg

IMAG1163.jpg
実は、この人僕じゃなくてパイロットの部長でした。




IMAG1164.jpg
が運良く落ちてたのでつけてみた。


やばいですね、すごく・・・・カッコいいですw
2011-05-20(Fri)
 
プロフィール

albatross

Author:albatross
鳥人間コンテスト出場を目指す、大阪大学のチーム。
前衛的な機体を日々作り出す。
現在は、無尾翼人力飛行機を製作中。

公式HPもよろしく!
リンクは下の方^^↓↓

twitter
月別アーカイブ
検索フォーム
アクセス数
目指せ100万ヒット
QRコード
QR