猛暑日

コクピ班です。

今日は作業風景ではなく、普通の風景を紹介したいと思います。


6月25日(土曜日)の風景なのですが、この日はすごく暑かったです。
でも暑さに負けず皆集まって活動しました。

IMAG1295 - Copy



最高気温32度の予報となってましたが、部室はもっと暑くなります。
そんなわけで、早速水をまいて涼むことにしました!


皆で水を手にかけたり頭を水浴びしたりしてなかなか気持よかったです。

これで外は涼しくなったのですが、中はまだまだ暑いです。
アルバでは、部員が熱でやられないように普段から冷たいスポーツドリンク等で水分補給を徹底していますが、
それだけではこの暑さは辛いですね・・・




と、いうわけで部室を涼しくしよう!という作戦に出ました。


IMAG1298 - Copy



塩化ビニルのパイプに穴を開けて屋根に放水してみました。
何気に作るのがちょっと楽しかったです。


効果は・・・・・・よくわかりません(笑)
きっとちょっとずつ部室の温度が下がっていたと思います。

パイプがちょっと短かったので今度延長してみようと思います。
今後もっと暑くなってきたら、さらに活躍してくれることを願ってます。
2011-06-27(Mon)
 

桁量産中

今日は桁の現状を書こうかと思います。

ZEROと1Lは完成
1Rはもうすぐ完成

2011062100530000.jpg


2L/Rは鋭意製作中

2011062100510000.jpg


上回生は結合部の穴開けとかでかなり時間食ってますが、
1回生にもそろそろ単純作業を安心して任せられるようになってきましたね!
この調子で頑張ってくれることを願います。

桁についてはだんだんと製作ペースが上がってきました。
夏休みに入るまでに、リブやプランク、その他不明な点の仕様が確定し、
安心して夏休みに入れるようにしたいですね!


大会まで…あと…38日!
2011-06-21(Tue)
 

プロペラ班の記録

 こんばんは、ペラ班です。
ついに、カーボンペラの上下面接合をしました。
PAP_0009.jpg
PAP_0008.jpg

重力により樹脂を垂らすことで前縁の接着をしました。
思ったよりきれいに出来ました。
重量が現段階で400グラムでちと重いかも・・・
この後、後縁を樹脂で接着し、前縁のカーボンオーバーレイアップに移ります。

カーボンモノコックプロペラと並行してバルサプロペラの開発の第2段をやってます。
この変な形のリブを作り、リブを立てます。
PAP_0011.jpg
PAP_0010.jpg
そして前縁部をバルサブロックで充填します。
PAP_0012.jpg

前縁部は充填したブロックが1段外に出ているため、
前縁部のバルサプランクが不要になります。
このやり方でウキウキしないバルサペラが出来るのか楽しみです。
2011-06-21(Tue)
 

後縁リブの試作

こんにちは、リブ班(元プランク班)です。

前回のブログから間が空いてしましました。
その間の作業をまとめて報告します。

後縁リブの試作をメインに行いました。

製法は前縁リブと同じく、一斉切り出しです。
まず写真の通り、粗くリブの型取りしたスタイロを桁に立てます。
今回は半リブ・斜リブもあるので設計通りに立てるのは大変です。
立てたリブの左右のずれ防止に、ストリンガーを先に通し、
リブ間にスタイロを挟みます。

CIMG0324.jpg

両端にリブのマスターを取り付けた後に、大型の電熱線カッターで、
まとめて切り出します。

IMG_0181.jpg

結果は失敗。

切り出しの際に、まさかのストリンガーに電熱線がひっかかってしまいました。
原因はリブのコードラインがずれていたこと、
切り出し用のマスターの桁への接着不足です。

さらに問題点として、
切り出し精度が悪かったことです。
以下の写真のように、切り始めはよかったものの、
端にいくほど切り出し面がウェーブしていることがわかります。

IMG_0188.jpg
切り始め
IMG_0192.jpg



次回、二度目の挑戦をします。

また同時に材質を発泡に変えたリブの試作も始めています。
IMG_0221.jpg

これは一斉切り出しではなく、一枚一枚切って行こうと思います。
2011-06-15(Wed)
 
プロフィール

albatross

Author:albatross
鳥人間コンテスト出場を目指す、大阪大学のチーム。
前衛的な機体を日々作り出す。
現在は、無尾翼人力飛行機を製作中。

公式HPもよろしく!
リンクは下の方^^↓↓

twitter
月別アーカイブ
検索フォーム
アクセス数
目指せ100万ヒット
QRコード
QR