2013年度鳥人間コンテストに出場決定!!

我々albatrossは無事に書類審査を通過し、

2013年度ディスタンス部門の出場資格を得ることができました。

無尾翼というテーマにこだわり続けている点に注目していただけたと思っております。
2年連続での出場になるわけですから、昨年の反省を生かし、
今年こそは世界初・無尾翼人力機の定常飛行を実現させます!

新入生のみなさんへ


合格発表からある程度時間がたち少しは落ち着いたのではないでしょうか。
我々albatrossでは新入部員を随時募集しています。
時間のある方は是非遊びに来てくださいね。
(水・金・土曜日に見学受け付けてます!事前に連絡をください。)
連絡先:
alba.fre@gmail.com


もちろんサークルオリエンテーションにも参加しますし、その後もイベント盛りだくさんです。

4月6日(土)サークルオリエンテーションは機体展示と花見を予定しています。
花見は夕方ごろ、ジュースやお菓子を食べながら談笑します。
DSCF1916_small.jpg


4月12日(金)BBQです。
IMG_0621_bbq_small.jpg


これはもう、ただで飲み放題食べ放題の出血大サービス!!
もちろん食べたからと言ってはいらないといけないということはありません、
お気軽に友人知人お誘いの上お越しください。
会場と部室が近いので見学会もやりますよ~




4月27日(土)はテストフライトです。
IMG_5260_small.jpg

大学のグラウンドを借りて実際に作った機体の飛行試験をします。
ここが新入生にとっては最初のアルバチックな活動になると思います。
楽しいですよ~~

※アルバチック・・・アルバ的。アルバらしい。アルバならこうならざるを得ない。等

それではお待ちしています。
2013-03-28(Thu)
 

駆動班の爆誕

どうも。駆動班の三木です。

三月も半ばとなればそろそろ春の気配も感じられる時期で、
自転車に乗って感じる風は1年前の初々しいころを思い出させてくれます。

そんな時期に、早速1人の新入生が我らがalbatrossの門をたたいてくれました。
部の雰囲気を気にいってもらえたらうれしいですね。

albatrossは主に水金土曜日に活動しています。
新入生の方も、吹田に移ってくる在学生の方も、
興味のある方は是非一度部室に見学にいらしてください。



話は変わって駆動班のターン。

いつぞやの記事に「クランク自作します」と書きましたが、
やってみました。
FJ310168_R.jpg

とはいえ、分厚いジュラの板をそれっぽい形に切り出すだけなんですが。
なぜに自作と問われれば、
既製品のクランクの結合部に合うクランクシャフトを作れないから。
たくさん溝が掘ってあったり、四角のテーパだったり・・・・無理。

この写真はエポキシで仮接着してるとこです。
接着状態でともあけしてねじをともぎりしてボルトで結合します。
・・・・クランクめ、俺の嫁と結合してるだと?・・・・その身をそいでやろうか。

FJ310173_R.jpg

接着を金槌でたたき落として、残った接着剤をアセトンにつけて溶かします。
(正確には取れやすくなる程度の効果ですが。
・・・クランクめ、俺の嫁と一緒に風呂に入っているだと?・・・・その身をそいでやろうか。

FJ310174_R.jpg

組み立てた図。ボルトが入ってるのがお分かり頂けるかと。
一応大丈夫そうな感じではありますがさてさてどうなることやら。



ちなみに。
その後、クランクはその身を1mmずつ削られていくという、
拷問にかけられました。つまり肉抜きなんですが
2013-03-17(Sun)
 

駆動班の逆襲

こんにちは、駆動班の三木です。

さてさて、テストフライトは成功しましたが駆動班はここからが正念場。
飛ぶということが分かれば否応なく駆動班とペラ班へのプレッシャーが強くなります。
いままで散々他班を手伝っていたこともあって現在週7日のペースで作業を進めています。


FJ310159_R.jpg

ねじを切ってます。
このギアボックスはボルトで締結する方式です。
削りだすのは当面できそうにないですね。

実はこいつエポで仮固定してから穴をあけてねじを切ってます。
この後金槌で叩き壊される運命にあるのです。

FJ310160_R.jpg

上手にできましたー?
この後旋盤で各面に穴をあけていきます。

旋盤といえば、最近はほぼ毎日さわってることもあって、
かなり旋盤の気持ちがわかるようになってきました。(100分の1ミリをせめる快感!
まだまだ熟練してるとは言えませんが、いい感じの部品も作れるようになりました。たまに。

FJ310166_R.jpg

クランクシャフトです。デレデレです。
6時間の格闘の末に生まれました。すごくかわいい子です。いとおしいです。嫁です。
この子とボックスが合体すると・・・・

しばらく駆動班の更新が続くと思います。次はクランクを特集します。

DSCN0094_R.jpg

DSCN0088_R.jpg

ペラ班も急ピッチで作業が進んでいます。
交流会資料を外注してひどいことになりかけてましたが、
どうやら阻止に成功した模様です。
旅客機マニアめ・・・・
2013-03-11(Mon)
 

ジャンプ試験に成功しました!




2013年度の機体「繊月」のテストフライトを、2月27日、笠岡ふれあい空港にて行いました。
(大学のグラウンドは工事で利用できなかったため)

IMG_5128 のコピー

雨の中機体を保護しながら組み立て、ようやく雨がやみました。


特徴は、「無尾翼」であることはもちろんのこと、
ブランコのように「動くコックピット」
(ハンググライダーと同じ方式)
安定性を追求した「大きな翼端板」
翼端に付く「全翼エルロン」


昨年度との一番の違いは、17kgの軽量化
(*パイロットの軽量化含む)


今回のテストフライトは、プロペラや電装は製作中のため、次回TF以降にペラや可動翼の機能が付きます。



今回のテストフライトの目的は、

*適切な重心位置(つりさげ位置)の決定
*左右バランスの確認と調整
*ジャンプ試験


で、全て達成することができました。


IMG_5145 のコピー


何本がフライトを行い、何度か少しだけ浮上しましたが、翼端版が地面に接地して翼端版が破損したため、
取り外して続行しました。


代わりに同じ重量の、2Lペットボトルのお茶を積み込み、

ついに、風速 向かい風約1.5m/sの中、11本目のフライトでジャンプ、浮上することに達成しました!

IMG_5260 のコピー


-- 
編集後記

飛行距離は10m程度、高度10cm程度でした。
機体は揚力差で右ロールする傾向があり、エルロンで十分調整可能な程度でした。
今回は左翼端に100g程度の重りで対応しました。



当日の写真、たーっくさん公開しました。
写真①
(部内撮影)



写真②
(府大の@aero_ikiさんが当日撮影してくださった分)

2013-03-01(Fri)
 
プロフィール

albatross

Author:albatross
鳥人間コンテスト出場を目指す、大阪大学のチーム。
前衛的な機体を日々作り出す。
現在は、無尾翼人力飛行機を製作中。

公式HPもよろしく!
リンクは下の方^^↓↓

twitter
月別アーカイブ
検索フォーム
アクセス数
目指せ100万ヒット
QRコード
QR