ロールアウト!

ご無沙汰しております。翼班かみのです。

本日。つい先ほど。
ついに全翼ロールアウト致しました!!

大喜びの翼班長
IMG_2038[1]

ついでですので、しばらく更新していなかった翼制作の様子を軽く御紹介。

まずはアルバ名物「一体(斉)切り出し」。
写真 2014-12-17 22 14 21 (1)
スタイロサンドから一気にリブを切り出します。効率的に切り出せるのと桁から翼型の相対値が正確に取れるのがメリットです。

ここからリブキャップ接着や肉抜きなどの各処理を施した後、アセンブリ(リブ立て)です。
IMG_1970[1]
今年は重力式で翼両端のリブを固定→糸で真ん中のリブを固定という手法を取っています。やはり翼弦長が大きい分、製作中にリブが多少歪んでしまうのが悩みのタネです。。トップと後縁がバランスよく揃う箇所を見極めて接着します。

そして後縁材・ストリンガーの接着後、プランク張りです。
IMG_2026[1]
もろもろの事情により、今年は従来より薄く硬い外皮を使用することに。すぐ折れてしまう上に柔軟性がないのでプランク曲げには苦戦を強いられました。

IMG_2034[1]
そんなこんなで完成した今年の翼。今年は一回生だけの翼班ということで見よう見まねの製作でしたが、なんとか見れたものになりました。来年の制作に向け、研究を重ねていきたいと思います。
2015-02-11(Wed)
 

スターダスト駆動班


 どうもお久しぶりでございます。駆動班長の横井でございます。
近頃は期末考査と駆動パーツの納期に追われています。いやー忙しい。

ふとブログを見返すと駆動班ブログ、なんと最後の更新は8月で止まっておりました…
ガッデム!!何をやっていたんだ!

単に忙しかったんです...ハイ。更新してる暇もないくらいに...
これからはちゃんと更新していこうと思います。

では、この5か月間何をやっていたのか?それは

8~12月 桁関連の金属パーツ作り及び桁つくり
12~1月 駆動パーツづくり


駆動班の仕事あんましてない…



気を取り直して、近頃の活動報告をしていきましょう。

 近頃の駆動班はせっせとギアボックスを作っております
今年も駆動機構にはドライブシャフト方式インフレームギアボックス機構を使用することにしました。
効率、重量ともにこれを超える機構を考案できなかったためです。その分しっかり去年度から進化させようと思います。

まず、製作途中ですがギアボックスの概観を見てみましょう。

写真 2015-01-31 23 18 45

 去年からの進化、その一つ目が側面の一体パーツ化です。
御覧のとおりギアボックスの二面が引っ付いています。
実はこの写真の裏側の面も引っ付いていてコの字型の側面パーツになってるんです。
こうすることで去年度に比べて強度がまし、その分肉抜きが行えると考えています。

それと組み立てが楽になるというメリットもあります。何とも地味なメリットですが結構重要なんですよ。
TFや大会本番では他班との兼ね合い上、ギアボックスの組み立ては夜に行う必要があります。暗い中だとパーツ数が少なく組み立てやすいほうがいいんですよね。

 で側面がこちら。
写真 2015-01-04 18 53 11

インゴットから削り出して作ったんですが結構大変でした。
何よりベアリング穴をどうやって開けようかと…
側面が邪魔で旋盤での加工ができないのではと思ったんですが、絶妙のサイズだったためあっさりクリアしました。
来年も一体型にするなら設計時によく考えていただきたいですね。
ギアボのサイズ小さくして、いざ作ろうとして「アッ」とかならないように。

ちなみに側面の裏側に溝掘ってあるのはギアの干渉を避けるためです。
結構いろいろ加工した、手間暇かかった一品なんですよ。

写真 2015-01-04 18 54 15

 上下のパイプに差し込むフランジ付きの面は去年度とほぼ変わらないものになっています。
昨年度のものを見直し、面の厚みや差し込み部の長さなどをより最適化しました。こいつもインゴットから旋盤で削り出したんですけど、かなり大変でしたねー。完成までに十数時間かかってます。(わたくしの冬休みはこれの製作に溶けてなくなりました。)



 とまあ御覧のようにギアボックスはほぼ完成いたしました。あとはギアとクランクシャフトが出来上がれば完成です。
クランクシャフトは写真に写っているようにあと少しの手直しすれば完成のところまで来ています。
クランクシャフト製作についても様々なドラマがあったんですが、それはまた完成した時に書かせてもらおうと思います。

 さて、おつきあいいただきありがとうございました。こらからもがんばります。
駆動機構完成まであと少し。このまま無事にいけたらいいな。
ついでに単位も…




2015-02-02(Mon)
 
プロフィール

albatross

Author:albatross
鳥人間コンテスト出場を目指す、大阪大学のチーム。
前衛的な機体を日々作り出す。
現在は、無尾翼人力飛行機を製作中。

公式HPもよろしく!
リンクは下の方^^↓↓

twitter
月別アーカイブ
検索フォーム
アクセス数
目指せ100万ヒット
QRコード
QR