TF報告

田中誠二です。

先週末また笠岡にTFに行ってまいりました。

あまり浮かなかった前回と違い、今回は結構ふわふわ浮きました。
(パイロットが直前24時間断食を実行し2kgほど落としてくれたそうです)





2本目は結構ガツンと着地しましたが、そのあとキッチリ破損や亀裂が入っていないかチェックしました。

1回生が初めて参加してくれたTFでもあるので、ほとんど浮かなくてただ疲れただけだった…ということが無かったようで安心です。

大会本番に向け、操舵練習も順調に進められています。

詳しいフライトの考察は、空力設計から後ほどあるハズ、です。
2015-05-27(Wed)
 

こんばんは。
駆動班長、もとい空力設計の横井です。

今回は緊急の更新です。
何を隠そう二回もTFを行っていたにもかかわらず、ブログの更新を全くしておりませんでした。
深くお詫び申し上げます。心配させてすいません。ハイ。

情弱につき動画の挙げ方が分からない+時間がないのでとりあえず写真で報告させていただきます。

<3/27・28 笠岡 京大合同TF>
写真が…(自分のPC内に)ない…



つぎのTFの時にまとめて紹介させていただきたいと思います…
ごめんなさい…

<4/10・11 笠岡TF>
今回のTFは、前回のTFで機体の吊り下げ位置を確定したので飛行練習を目標としていました。

TF写真 全体図

写真は4本目の短距離飛行試験の様子です。
わずかですが後輪が浮いています。

TF写真 足元

ほら。

分かるかっ
と思った方も多いと思いますが、今回のフライトでは車輪のどちらかが浮くものの、
片側が地面と接したままというのが多かったです。

重量も機速も前回より、浮きやすい方向に改善されていたので、
原因としては
・最外翼のエルロンが接合部故障によりついていなかったことにより設計道理の空力性能になっていない
・                   〃                   より適切な吊り下げ位置が変化した
・総重量の軽減により吊り下げ適正位置が変化した
などを考えています。

1~2個目についてはエルロンをつけて飛行して確かめたいと思います。
それでも変わらなければ3つ目を疑って、次のTFでは吊り下げ位置を一つ後ろに下げて試してみたい思います。



総じて今回のTFでは機体が完全に浮かず、当初の目標は達成されませんでしたが
次につながるものは得られたと思います。
ラスト1本で滑走路外に出てしまい、機体が破損するということもあったので、
ハード(機体)的にもソフト(TF運営)的にもより厳しく見直し、
次(明日、ただしくは今日?)のフライトに備えたいと思います。


ながながとお付き合いいただきありがとうございました。それではおやすみなさい...
2015-05-08(Fri)
 
プロフィール

albatross

Author:albatross
鳥人間コンテスト出場を目指す、大阪大学のチーム。
前衛的な機体を日々作り出す。
現在は、無尾翼人力飛行機を製作中。

公式HPもよろしく!
リンクは下の方^^↓↓

twitter
月別アーカイブ
検索フォーム
アクセス数
目指せ100万ヒット
QRコード
QR