FC2ブログ

駆動班は砕けない

 皆さんこんにちは。駆動班一回の辻村です。最近更新が途絶えていましたが、先日駆動班が行った破壊試験についてお伝えします。破壊試験というのは、駆動がシャフトに使っているカーボンパイプの強度を確認するための試験です。シャフトは強度が足りないと、飛行中に破損する危険があります。強度が十分であったとしても、過度に丈夫なものを積んでいると重くなってしまいます。そのため、適切なカーボンパイプを選択するために破壊試験を行います。
 試験の方法は、下の写真↓のようにカーボンパイプを固定し、ねじる力をかけていきます。
破壊試験2
ブロックを吊るしていくと、かなりねじれた後下の写真↓のように折れました\(^o^)/
破壊試験1
 かなり大きな音がしてびっくりしましたが、無事に結果をとることが出来ました。現在結果を解析中です。今回の結果をもとに、今から作る来年度の機体に使用するカーボンパイプの径を決めていきます。
 これからも定期的に更新するよう心がけるので応援よろしくお願いします。
2015-10-14(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

albatross

Author:albatross
鳥人間コンテスト出場を目指す、大阪大学のチーム。
前衛的な機体を日々作り出す。
現在は、無尾翼人力飛行機を製作中。

公式HPもよろしく!
リンクは下の方^^↓↓

twitter
月別アーカイブ
検索フォーム
アクセス数
目指せ100万ヒット
QRコード
QR