風洞試験しました。

こんにちは。
パイロット兼電装班長の涌田です。

本日私たちは大阪大学研究用風洞の施設を使用させて頂き後縁エレボンの試験を行いました。

実験の内容は風洞試験用に作成した幅1mのエレボン搭載翼の舵面を動かして各舵角における翼の回転のモーメントを確認するというものです。

この写真のように舵面を固定しました。
hudo1

スモークで気流も確認できました。
hudo2

今日の風洞試験は実験目標も満たせただけでなく、実験に参加したメンバにとって非常に有意義な経験となったと思います。

大阪大学研究用風洞様、本日は施設を使用させて頂きありがとうございました。

2016-09-30(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント

Re: タイトルなし 

コメントありがとうございます。
エレボン搭載翼の舵面を動かす試験は8m/sで行う事が出来たのですが、スモークを焚いていた時は2m/sが行っているのでレイノルズ数が低くなってしまい剥離してしまいました。
2016-10-05 19:35 | 篠原 | URL   [ 編集 ]

 

ぜひ違う翼型で試してください。レイノルズが低すぎてLA2573Aは剥離が早すぎます。
2016-10-01 01:08 |  | URL   [ 編集 ]

プロフィール

albatross

Author:albatross
鳥人間コンテスト出場を目指す、大阪大学のチーム。
前衛的な機体を日々作り出す。
現在は、無尾翼人力飛行機を製作中。

公式HPもよろしく!
リンクは下の方^^↓↓

twitter
月別アーカイブ
検索フォーム
アクセス数
目指せ100万ヒット
QRコード
QR