FC2ブログ

Widing Ribu

こんにちは。翼班操舵担当兼パイロットのしょーです。

先日、後縁材に引き続きエンドリブの改良に取り組みました。

去年の段階での問題点はフィルムのテンションに負けて、エンドリブが曲がってしまうこと。

それによって後縁材が曲がったり、翼の結合部での歪みに繋がっているのではないかと。

まぁ去年は他のリブに比べて少し厚くしてただけみたいなので…

そこで今回は、大工大さんのマネをして(part2)リブをバルサシートでサンドしてみました。

ただ、普通のリブにバルサを貼るだけでは重いし、過強度。そこでスタイロとバルサの厚さや、リブをどこまで肉抜きするか、を少し探ってみました。

20180926223439f1b.jpg


こんなのとか

20180926223413a7a.jpg


こんなの。

流石に調子のって肉抜きし過ぎたかな?と思ったのですが、二枚目のでもフィルムのテンションに耐えるには十分な強度、剛性を持っていました。(思ったよりバルサが強い)

バルサは1mmバルサで十分でした。(2mmは重い)

20180926223426985.jpg

上の写真、中はほぼ空洞です。

あとは、
・リブの厚さ(厚いほうが強いけど、薄いほうが圧倒的に工作しやすい)

・バルサをきれいに加工できるか(カッターが繊維方向に流されがち)

・去年より全体で500gほどの重量増加をもっと抑えられないか(バルサ肉抜きしても大丈夫かな…?)(いっそ他の方法を試すべきか…?)

を検討中です。

また報告します。

しょー(-_-)☆彡
2018-09-27(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

albatross

Author:albatross
鳥人間コンテスト出場を目指す、大阪大学のチーム。
前衛的な機体を日々作り出す。
現在は、無尾翼人力飛行機を製作中。

公式HPもよろしく!
リンクは下の方^^↓↓

twitter
月別アーカイブ
検索フォーム
アクセス数
目指せ100万ヒット
QRコード
QR